FC2ブログ

サークルi ( サークルアイ ) 新着情報

サークルi新着情報です

Entries

ハッピィーライフはお口の健康から

インフルエンザ治療薬

ノイラミニダーゼ阻害剤
インフルエンザウイルスのノイラミニダーゼは、粘膜面への吸着促進および感染細胞拡大をおこす。ノイラミニダーゼ阻害剤は、インフルエンザウイルスの複製を阻害し、感染拡大を防ぐ治療薬として使われますが、内服で使うオセルタミビル(商品名のタミフル、Tamiful)がよく使われます。しかし、2007年から流行しているAソ連型H1N1には、NA突起が変異してしまったためタミフルに耐性を獲得したものが出現しています。同じくノイラミニダーゼ阻害薬のザナミビル(商品名リレンザ、Relenza)は、吸入剤であることもあって使用頻度は低い。2009年5月に調べられた時点で、今回のH1N1の新型インフルエンザは耐性を獲得していません。

FLU02
インフルエンザ治療薬の概略

ノイラミニダーゼ阻害剤のオセルタミビルの商品名のタミフルは、インフルエンザウイルスの複製を阻害する治療薬で内服として使われます。一方、ノイラミニダーゼ阻害剤でザナミビルの商品名リレンザは吸入剤として使用されます。

インフルエンザに感染したらなるべく早くタミフルを服用することが大切です。
ウィルスの増殖は驚異的なはやさで進みます。
何世代も分裂を繰り返した後では効果は激減します。
48時間以内といわれていますが、なるべく早い服用をお勧めします。


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

サークルi ホームページ

NPO法人サークルi


クリックしてください

プロフィール

CiRCLEi

Author:CiRCLEi
口腔健康推進会サークルi ( サークルアイ )は小児から高齢者まで、市民の健全な口腔と機能を育成し、その生涯を通じての全身の健康維持増進を図るべく、二十年余りの歴史を持つ研究会の歯科医が中心となって設立されたNPO法人です。

Twitter

@npo_circlei

最新記事

おすすめの書籍です

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

右サイドメニュー

QRコード

QRコード